ピニトール サプリ

ピニトール サプリ

 

子宮内膜症のあなたへ|自然妊娠の確率を高める方法!
自然妊娠の確率を上げる方法 〜子宮内膜症のケース

 

子宮内膜症の原因は、ドロドロ血液。血のめぐりをよくすれば、自然妊娠の確率はアップします。血流促進に効果のある食べ物などを紹介。

 

あなたの不妊原因は、

ドロドロ血液だった!?

 

もしあなたが・・・

 

●子宮内膜症
●卵巣腫瘍

 

もしくは、冷え性/貧血/肩こり/偏頭痛/生理痛の症状があるなら・・・

 

ドロドロ血液を改善すれば、妊娠する可能性があります。

 

 

妊娠率60%の実績がある不妊治療の専門家Dr.森本さんも、ご自身の著書で”ドロドロ血液”について指摘。

自然妊娠 確率

「卵子力をアップさせるライフスタイルBOOK」

森本義晴 著/学研パブリッシング発行

 

女性の多くが悩まされている冷え性、貧血、肩こり、偏頭痛、生理痛などの症状や、不妊症の原因となる子宮内膜症や卵巣腫瘍などの婦人病はすべて「ドロドロ血液」によるものだと言われています。

145ページから引用

 

 

血液をサラサラにしてくれる

7つの食品

 

@青魚

自然妊娠 確率

DHA/EPAが、白血球や血小板に働きかけて血液をサラサラにしてくれます。

 

DHA/EPAは温度が上がるほど失われますので、刺身やたたきなど生で食べるとよいでしょう。

 

A海藻

自然妊娠 確率

アルギニン酸/フコイダンが、血糖値の上昇を防ぎコレステロール値を下げ、血液がサラサラに

 

市販されている「海藻サラダ」なら、水で戻すだけで簡単に食べれます。

 

 

 

 

血をつくる葉酸

 

 

 

 

 

チョコ&内膜症でも、自然妊娠!

しらたまねこさん/35歳

参考:http://www.kodakara.jp/bbs3/naimakusyo/268.html

 

私は、子宮頸がんの検査の時に、チョコレート嚢胞(左右に5pと3p)/子宮内膜症/子宮筋腫であることがわかりました。先生からは手術をすすめられていましたが、1年だけ妊活をさせてもらいました。

 

”なかよし”はタイミングをとりながら、月3回くらい。ほかにも色々やって諦めかけていたんですが・・・

 

妊活を始めて9ヶ月目で、
自然妊娠することができました!

 

不安や精神的に追い詰められることもありますが、あなたにも諦めないでほしいと思います。

自然妊娠&出産に成功!

itigomilkさん

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/

 

結局、8年かかったけど無事に出産することができました!

 

内膜症だからか、なかなか妊娠できず、したとしても流産という繰り返しでした。そしてとうとう、卵巣が11cmまで腫れてしまったので、一部摘出手術を決断。

 

その1年後、自然妊娠&出産することができました。

 

ちなみに私の知人も、軽度の内膜症だったけど自然妊娠してます。出産できた子も流産しちゃった子もいます。

 

 

 

 

 

旦那さんの協力

妊娠をするためには、旦那さんの協力も必要になります。夫婦で妊活をしていることも多いです。まずは、健康管理です。自分だけでなく、旦那さんの健康も気遣うことが大切です。そして、旦那さんにお酒やたばこを控えてもらうと良いです。お酒は会社の付き合いもあるので、控えることは難しいかもしれません。ほどほどにしてもらいましょう。たばこに関しては、意識を持てば控えることが出来るかもしれません。いきなり禁煙は難しいので、まずは量を減らすなどの小さいことがやっていくことが大切です。ストレスを溜めない程度に、ゆっくりゆっくりで良いのです。

 

体重を管理することも、妊活に入ると思います。太りすぎでも、痩せすぎでも無く、丁度良い体重を保つことが大切です。健康診断をやると、自分の理想の体重が分かります。それを保てるように生活していきましょう。ただし、ダイエットは良くありません。太りすぎだからと言って、無理なダイエットをするのは止めましょう。栄養のある食事と運動で体重を管理することが出来るはずです。食事を制限するダイエットは、1番良くありません。栄養が偏ってしまいます。栄養をちゃんと考えた食事は、太ることはありません。食事は、とても大切なのです。

 

冷え性対策として、お風呂に入ることがあります。お風呂に入ると、体が温まります。半身浴をするのも良いと思います。半身浴は、下半身を温めることが出来るので、体が温かくなります。下半身から冷えることがあるので、常に温かくしていたいものです。また、半身浴にはリラックス効果もあります。体が温まるだけでなく、心も温かくなります。ゆっくりとした時間を過ごすことが出来るので、ストレスなども和らいできます。音楽を聴いたり、雑誌や本を読んだりしながら半身浴をしている人も多いです。好きなことをしている時は、リラックスすることが出来ます。

 

妊娠するためには、丈夫な体が必要になります。妊娠・出産、子育てには体力を使います。そのため、今のうちから少しずつ体力を付けることが大切です。激しい運動ではなく、ゆっくりとできる運動をしましょう。例えば、ウォーキングがあります。ゆっくりと自分のペースで歩きましょう。歩くだけですが、体力は付きます。これを続けることが大切です。続けるには、無理をしない程度にやりましょう。その日の気分で歩く距離や時間を決めても良いと思います。あらかじめ距離や時間を設定しない方が、やりやすいかもしれません。あなたのやりやすい方法が1番です。

 

寒い夜は、腹巻をして眠ると温かいです。腹巻は、お腹を冷やさないためにあります。妊娠をするためには、とにかくお腹を冷やさないことが大切です。「たかが腹巻」と思うかもしれませんが、腹巻はとても温かいのです。お腹からポカポカになります。

 

 

 

体が温かいと、すぐに眠ることが出来ます。寒いと、なかなか眠れないです。睡眠不足になってしまうこともあります。その時は、体を温めましょう。そうすれば、ぐっすり眠ることが出来ると思います。そのため、体がポカポカな状態で眠りましょう。睡眠不足の解消にも繋がってくることもあります。

 

妊娠するためには、健康でいることが大切です。それも夫婦2人で健康でいる必要があります。そのため、常に健康を意識しましょう。栄養のある食事を摂ったり、適度に運動をしたりして丈夫な体を作りましょう。どちらも健康でなければ、妊娠することは出来ません。お互いに健康でいることが大切です。妊娠をする前に健康な体を作ることを意識しましょう。少し意識を変えることによって、生活が変わるはずです。まずは、生活を変えることから始まります。お酒やたばこは、控えた方が良いです。男性は、仕事の付き合いでお酒を飲まなければいけないときがあると思います。そういうときは、仕方がありません。しかし、飲みすぎないように気をつけることが大切です。ほどほどに飲むのが良いです。お酒やたばこは、体に良くありません。出来る限り、これらを控えて健康を目指しましょう。自分の健康状態をちゃんと知るために、健康診断を受けてみるのも良いかもしれません。健康診断で病気が分かることもあります。早めに治療をすれば治ることもあるので、早めの発見が鍵になります。病気をしっかり治した上で、妊娠についてもう一度考えましょう。きっと、妊娠することが出来る方法が見つかるはずです。

 

ダウン症 確率 年齢別